理学療法専門
内科系疾患問題

 

内科系疾患:近年の問題と解説

内科系疾患に対する理学療法の関わりは、近年、特に重要視されており、その対象疾患は、循環器疾患(心疾患含む)に加え、糖尿病、C.O.P.D(慢性閉塞性肺疾患)に代表される呼吸器疾患など、生活習慣から発症するものが多いです。また、がんに対するリハビリテーションも患者数の増加と共に必要性が増しており、出題傾向にもその現状が反映され、がんに関する出題数が増えています。
なお、いずれの疾患も共通していますが、病態生理や理学療法プログラム、リスク管理についてもしっかりと押さえる必要があります。
"ALL ABOUT 理学療法士(PT)試験(内科系疾患)の問題傾向について"より
 
 

このページの先頭へ