理学療法専門
整形外科疾患問題

整形外科疾患:近年の問題と解説

整形外科疾患の出題傾向ですが、個々の疾患ベースでは、変形性膝関節症、変形性股関節症、関節リウマチ、肩関節周囲炎や腱板断裂などの肩関節の障害。加えて、椎間板ヘルニア、すべり症などの腰痛症が多い傾向にあります。それ以外では、転倒による骨折、スポーツによる障害、熱傷、さまざまな要素を起因とする末梢神経障害。昨年は二分脊椎に関する問題もみられています。
これらの疾患の病態生理。さらに各評価法や重症度分類、理学療法内容、歩行やADLへの影響、杖や装具の処方、環境設定などが関連付けられて出題されます。また、他の教科同様、X線やMRIの画像読影の問題は毎年のように出題されていますので入念な復習が必要です
"ALL ABOUT 理学療法士(PT)試験(整形外科疾患)の問題傾向について"より

このページの先頭へ