理学療法評価学|理学療法士国家試験・作業療法士 国家試験対策 WEBで合格!

理学療法専門
理学療法評価学問題

問題を選ぶ

理学療法評価学:近年の問題と解説

理学療法評価学で学ぶ、評価法は多数あります。
その中でもROMとMMT。この2つの評価法に関しては、評価項目数が多いので、出題しやすい傾向にあります。全評価項目をしっかり復習したいところです。その他、バイタルの測定方法、認知機能検査、片麻痺機能検査、高次脳機能検査、脳神経検査、形態測定、深部腱反射、病的反射、感覚検査、筋緊張検査、バランス能力検査など、実習を通じて、現場で学んだ評価法も当然出題されます。
なお、ここに列挙した評価法の中で、一部の評価法が偏って出題されることはなく、まんべんなく出題される傾向にあります。加えて、評価中のリスク管理であったり、患者さんの症状と必要な評価法の関連性を問う問題も出ていますので、各評価法の方法だけでなく、目的と意味、疾患との関連性までしっかりおさえておきましょう。
"ALL ABOUT 理学療法士(PT)試験(臨床心理学・精神医学)の問題傾向について"より