理学療法/作業療法共通
内科学問題

内科学:近年の問題と解説

内科学は、心筋梗塞や深部静脈血栓などの循環器疾患。C.O.P.D(慢性閉塞性肺疾患)や肺気腫などの呼吸器疾患。バセドウ病等の代謝や内分泌系の疾患など、疾患の病態を含んだ問題が多いです。心電図の問題は、以前より減少傾向にありますが、他の科目同様、臨床の現場を意識した出題になっていると考えられますので、心疾患全般と並行し、しっかり押さえておきたいです。その他、梗塞予防薬の問題、運動リスクのある疾患に関する問題など、過去問題にない新規の問題が他の科目より、多く出題されやすい傾向にあり、幅広い知識が必要になります。
"ALL ABOUT 理学療法士試験(内科学・臨床神経医学)の問題傾向について"より

このページの先頭へ