理学療法専門
脳血管障害問題

脳血管障害:近年の問題と解説

脳血管障害に対する問題。当然、臨床の現場でも多くの患者さんが、脳卒中発症後、リハビリテーションや各療法に取り組まれており、その知識や技術について、多くの出題があります。主に脳血管障害に対する理学療法評価をはじめ、脳血管障害を起因とする高次脳機能障害、神経症状、運動機能障害、歩行機能障害、ADL指導など、症例をあげて考察を促す問題が多いです。また、頭部CTやMRIの画像問題出題率は高く、画像から、症状、状態を考察し、どういった訓練が有効か? など、連続で関連問題が出題されているのも近年の傾向です。
"ALL ABOUT 理学療法士(PT)試験(脳血管障害)の問題傾向について"より

このページの先頭へ