理学療法/作業療法共通
整形外科学問題

整形外科学:近年の問題と解説

整形外科学では、骨折の関する問題、神経障害や血流障害に関する問題。股関節や膝関節などの変形性関節症の問題。椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの腰部疾患に関する問題。そして、骨粗鬆症などの骨形成に関する問題等が出題されています。近年の傾向として、CT、MRIなどの画像所見から、どういった状態なのか? もしくは、画像所見のようになった原因は? などの問題の出題率が高くなっています。その他、高齢者に起こりやすい骨折が過去問では多かったのですが、第48回国家試験では、小児に多い骨折に関する問題も出題されています。
"ALL ABOUT 理学療法士(PT)試験(整形外科学・リハ概論)の問題傾向について"より

このページの先頭へ