理学療法専門
神経筋疾患問題

 

神経筋疾患:近年の問題と解説

専門問題である神経筋疾患の問題傾向として、例年、パーキンソン病に関する問題は多く、パーキンソン病の症状や投薬効果と副作用、ヤール分類と訓練内容やADLとの関係性等を問われるものが多いです。また、筋ジストロフィーでは障害度分類、姿勢や歩行などの能力面を問う問題も出ています。その他、出題される疾患として、重症筋無力症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、多発性筋炎、ギランバレー症候群、筋委縮性側索硬化症(ALS)などがあり、これらの疾患、もしくは問題中の症例に対し、どんな理学療法を行って行くのか?という点を問われる問題が多いです。加えて、症状の問題としては、球麻痺や失調などの問題も出ていますし、他教科同様、画像診断能力を問う問題もみられています。
"ALL ABOUT 理学療法士(PT)試験(神経筋疾患)の問題傾向について"より

PT専門 神経筋疾患問題

このページの先頭へ