理学療法/作業療法共通
神経内科学問題

神経内科学:近年の問題と解説

脳卒中、パーキンソン病、多発性硬化症、筋委縮性側索硬化症、筋ジストロフィー、重症筋無力症など、神経系疾患の罹患者数は非常に多く、国家試験問題も当然、多様な内容になっています。近年の傾向として、言語聴覚士の領域というイメージが強い、嚥下に関する治療法の問題が出題されていること。その他、注目すべきは、ボツリヌス毒素に関する問題が出題されていることです。これは、ここ数年で連続して出題されています。
"ALL ABOUT 理学療法士試験(内科学・臨床神経医学)の問題傾向について"より

このページの先頭へ