理学療法/作業療法共通
生理学問題

生理学:近年の問題と解説

生理学は解剖学同様、問題数も出題範囲も非常に多い科目です。内容としては、細胞、内分泌、骨生理、筋生理、呼吸器の生理、泌尿器の生理、生殖器の生理、循環器の生理、代謝の生理、感覚器の生理などがあります。
出題傾向として、近年では長期臥床による患者への影響や血圧に対する投薬が及ぼす影響など、臨床を想定した生理的事象の問題がみられています。また、呼吸リハの需要拡大による呼吸器系の問題や生活習慣病である糖尿病に関わる問題、その関連である代謝に関する問題もよく出題されています。それでは続けて、実際の過去問題を解説していきます。
"ALL ABOUT 理学療法士(PT)試験(生理学・病理学)の問題傾向"より

このページの先頭へ