脊髄損傷9
全10問中1問~5問

          


  • 設問1

    脊髄損傷の残存髄節と生じやすい拘縮との組合せで誤っているのはどれか。

  • 設問2

    脊髄損傷の異所性骨化で正しいのはどれか。

  • 設問3

    21歳の男性。8か月前、交通事故で頸髄損傷によって四肢麻痺となった。斜面台による起立訓練中に頭痛を訴えた。上半身の著明な発汗がみられ、脈拍は42/分であった。適切でないのはどれか。

  • 設問4

    脊髄損傷で自律神経過反射を認める損傷部位の下限の髄節はどれか。

  • 設問5

    脊髄損傷患者の異所性骨化で正しいのはどれか。



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得