脊髄損傷8
全10問中1問~5問

          


  • 設問1

    50歳の男性。腰椎脱臼骨折(第1腰髄節まで機能残存)。脊柱固定術後6週経過。尿意、便意はない。尿失禁がみられ、便秘もある。 この時点における自己管理の指導で適切でないのはどれか。

  • 設問2

    68歳の男性。60歳で事務職を退職した。脊髄血管障害による完全対麻痺(第1腰髄節まで機能残存)。発症1か月の理学療法で適切でないのはどれか。

  • 設問3

    ASIA(American spina1 injury association)の神経学的分類における機能残存髄節と筋群との組合せで誤っているのはどれか。

  • 設問4

    自律神経過反射で誤っているのはどれか。

  • 設問5

    脊髄損傷による自律神経過反射の症状で誤っているのはどれか。



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得