脊髄損傷4
全10問中1問~5問

          


  • 設問1

    22歳の男性。6か月前にバイク事故で頸髄損傷となった。徒手筋力テスト上腕二頭筋が右5・左4、上腕三頭筋が右1・左1、長橈側手根伸筋が右2・左1であった。下肢は両側とも完全麻痺で、感覚脱失であった。バイタルサインは安定していた。車椅子訓練(①~⑤)を下に示す。正しいのはどれか。

  • 設問2

    21歳の女性。頸髄損傷(第8頸髄節まで機能残存)。受傷後6か月経過。背臥位から右側へ寝返る訓練で誤っているのはどれか。

  • 設問3

    25歳の男性。外傷性頸髄損傷。現在は図のような動作で食事を食べている。図は「手を握ってください」との指示でなされた手の動きである。この動きはどれか。

  • 設問4

    頸髄損傷について誤っているのはどれか。

  • 設問5

    脊髄損傷(第8頸髄節まで機能残存)患者のプッシュアップ運動の介助手技で適切なのはどれか。(矢印は介助者の力の方向を示す)



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得