脊髄損傷3
全10問中1問~5問

          


  • 設問1

    頸髄損傷(第7頸髄節まで機能残存)患者において長座位での前後移動の阻害要因でないのはどれか。

  • 設問2

    20歳の男性。ラグビー試合中の接触事故による四肢麻痺。頸部エックス線写真で第5頸椎脱臼骨折を認めた。徒手筋力テストで肘関節屈曲は3、伸展は1である。5か月経過し第6頸髄節まで機能残存。この患者の車椅子について誤っているのはどれか。

  • 設問3

    頸髄損傷(第7頸髄節まで機能残存)患者の車椅子動作で自立困難なのはどれか。

  • 設問4

    脊髄損傷患者(第7頸髄節まで機能残存)に車椅子駆動訓練を行うとき、最も筋力強化が必要な筋はどれか。

  • 設問5

    第7頸髄節まで機能が残存する頸髄損傷で自立できないのはどれか。



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得