物理療法13
全10問中1問~5問

          


  • 設問1

    50歳の男性。左大腿骨骨幹部粉砕骨折。プレート固定術を行って1か月経過。膝関節拘縮があり、可動域増大訓練を行っている。併用する物理療法で最も適切なのはどれか。

  • 設問2

    反射性交感神経性ジストロフィーの物理療法で適切でないのはどれか。

  • 設問3

    65歳の女性。右変形性股関節症に対する人工股関節置換術後6週経過。股関節深部の温熱効果に適した物理療法機器はどれか。

  • 設問4

    25歳の男性。交通事故による大腿骨骨幹部骨折で閉鎖髄内釘による骨接合術を受けた。2週経過したが患部に痛みがある。痛みに対する物理療法で適切でないのはどれか。

  • 設問5

    35歳の男性。前腕骨折でプレートを用いた観血的整復固定術後、前腕から手指にかけて浮腫と手関節の拘縮を認める。物理療法で適切でないのはどれか。2つ選べ。



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得