神経筋疾患11 難問
全6問中1問~5問

          


該当するものをすべて選択する難問です
  • 設問1

    症状と転倒予防対策との組合せで適切なのはどれか。すべて選べ。

  • 設問2

    顔面筋麻痺について誤っているのはどれか。すべて選べ。

  • 設問3

    反射性交感神経性ジストロフィー患者の急性期の理学療法で適切なのはどれか。すべて選べ。

  • 設問4

    36歳の男性。ヘルペス脳炎。呼吸障害のため気管切開を行った。2ヶ月後の現在、軽度の失見当識がみられる。安静臥床により下肢の拘縮はあるが座位保持は可能となった。正しいのはどれか。すべて選べ。

  • 設問5

    45歳の男性。髄膜脳炎。手足の麻痺はなく、1年後には身の回りの動作が自立した。新しいことが覚えられない記銘力障害が残った。病前の職業は会社員(営業)。WAIS-RはVIQ11O、PIQ90。訓練アプローチで適切なのはどれか。すべて選べ。



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得