神経筋疾患10 難問
全10問中1問~5問

          


該当するものをすべて選択する難問です
  • 設問1

    多発性神経炎の理学療法で適切なのはどれか。すべて選べ。

  • 設問2

    40歳の男性。 Charcot-Marie-Tooth病と診断され、最近跛行を呈するようになった。リハビリテーション科を受診し理学療法が開始された。この患者にみられないのはどれか。すべて選べ。

  • 設問3

    48歳の女性。多発性筋炎。急性期から回復期となり理学療法が処方された。筋力は体幹筋4、上肢近位筋群3~4下肢近位筋群3~4で院内独歩が可能。理学療法で正しいのはどれか。すべて選べ。

  • 設問4

    48歳の女性。多発性筋炎。一般状態が落ち着いて理学療法が開始された。筋力は体幹筋4、上肢近位筋群3~4、下肢近位筋群3~4。院内独歩が可能。理学療法で正しいのはどれか。すべて選べ。

  • 設問5

    多発性筋炎の運動療法で負荷量設定の目安になるのはどれか。



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得