神経筋疾患9
全10問中1問~5問

          


  • 設問1

    ギラン・バレー症候群で誤っているのはどれか。

  • 設問2

    20歳の男性。ギラン・バレー症候群。発症後3週経過。徐々に四肢、体幹筋麻痺が上行し、肩甲帯周囲筋が 動かせる程度で他は動かない。筋痛の訴えが強く、副腎皮質ステロイド薬を服用中である。理学療法で誤っているのはどれか。

  • 設問3

    ギラン・バレー症候群の回復期の運動療法で適切でないのはどれか。

  • 設問4

    7歳の男児。ギラン・バレー症候群。発症後1か月経過。一時、呼吸筋麻痺のため人工呼吸器管理を必要とした。現在、四肢体幹に重度の筋力低下があり、座位保持は不能でADLは全介助である。理学療法で正しいのはどれか。2つ選べ。

  • 設問5

    50歳の男性。ギラン・バレー症候群発症後1週経過。理学療法で適切でないのはどれか。



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得