神経筋疾患7
全10問中1問~5問

          


  • 設問1

    35歳の女性。四肢のしびれで発症し、視力障害、不全四肢麻痺、体性感覚障害および息苦しさの増悪と寛解を繰り返した。小脳症状はない。MRIでは脳脊髄白質に多発性・散在性の脱髄斑が認められた。理学療法で適切なのはどれか。

  • 設問2

    多発性硬化症の機能障害と対応との組合せで適切でないのはどれか。

  • 設問3

    45歳の男性。左上下肢のしびれで初発し、視力障害・呼吸困難・四肢麻痺など多彩な症状の寛解と増悪を繰り返した。MRI画像で脳脊髄の白質に多発性・散在性の脱髄斑が認められた。    理学療法で適切でないのはどれか。

  • 設問4

    多発性硬化症の症状と理学療法との組合せで適切でないのはどれか。

  • 設問5

    30歳の男性。多発性硬化症。15歳から寛解増悪を反復してきた。痙性不全対麻痺と四肢および体幹の運動失調との増悪により、1か月前に入院した。現在はベッド上起居動作およびつかまり立ち可能。理学療法で適切でないのはどれか。



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得