脳血管障害6
全10問中1問~5問

          


  • 設問1

    片麻痺患者の他動的可動域訓練の効果で誤っているのはどれか。

  • 設問2

    60歳の男性。左中大脳動脈梗塞による右片麻痺。発症後5日経過。ブルンストローム法ステージは上肢Ⅱ、手指Ⅰ、下肢Ⅱ。意識はJCS(Japan Coma Scale)で10。高次脳機能障害はない。初回の座位訓練を行う上で適切でないのはどれか。

  • 設問3

    75歳の男性。右視床出血による左片麻痺。発症後3週でブルンストローム法ステージ上肢Ⅱ・下肢Ⅲ。平行棒内立位で図のような症状がみられた。運動療法で適切でないのはどれか。

  • 設問4

    図は脳卒中右片麻痺の理学療法である。誤っているのはどれか。,br>

  • 設問5

    図は脳卒中右片麻痺の理学療法である。誤っているのはどれか。



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得