脳血管障害6
全10問中1問~5問

          


  • 設問1

    68歳の男性。脳梗塞による左片麻痺。発症後3か月時、腰掛座位において図のように右上下肢で接触面を強く押して左側に転倒する現象を認めた。座位バランス獲得のための理学療法で適切でないのはどれか。

  • 設問2

    脳卒中片麻痺患者の早期理学療法で正しいのはどれか。

  • 設問3

    75歳の男性。右視床出血による左片麻痺。発症後3週でブルンストローム法ステージ上肢Ⅱ・下肢Ⅲ。平行棒内立位で図のような症状がみられた。運動療法で適切でないのはどれか。

  • 設問4

    図は脳卒中右片麻痺の理学療法である。誤っているのはどれか。

  • 設問5

    図は脳卒中右片麻痺の理学療法である。誤っているのはどれか。,br>



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得