脳血管障害3 難問
全10問中1問~5問

          


該当するものをすべて選択する難問です
  • 設問1

    慢性期片麻痺患者の歩行の特徴で正しいのはどれか。すべて選べ。

  • 設問2

    脳卒中患者の歩行獲得の阻害因子となりやすいのはどれか。すべて選べ。

  • 設問3

    65歳の女性。脳出血発症後5週の左片麻痺。高血圧症で降圧薬を服用中。訓練前の血圧は158/92mmHg(安静座位)であったが、平行棒内歩行訓練直後の血圧は200/128mmHg(座位)であった。 めまいなどの自覚症状は訴えなかった。アンダーソン改訂基準に基づいた理学療法士の対応として適切でないのはどれか。すべて選べ。

  • 設問4

    脳卒中患者で運動療法を行わない方がよい場合はどれか。すべて選べ。

  • 設問5

    60歳の男性。脳梗塞。発症後4週経過。心筋梗塞の既往がある。立位歩行訓練の可否の判定をする基準で誤っているのはどれか。すべて選べ。



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得