小児疾患10 難問
全10問中1問~5問

          


該当するものをすべて選択する難問です
  • 設問1

    在胎32週1,800gで出生した男児。新生児集中治療室で4週経過。この時点での理学療法で正しいのはどれか。すべて選べ。

  • 設問2

    二分脊椎(第5腰髄節まで機能残存)患児にみられやすいのはどれか。

  • 設問3

    6歳の男児。ペルテス病。治療開始後1年6か月経過。理学療法として適切なのはどれか。すべて選べ。

  • 設問4

    6歳の男児。二分脊椎(第3腰髄節まで機能残存)。身長105cm、体重30kg。この春、小学校(普通学級)に入学することになった。対応で適切なのはどれか。すべて選べ。

  • 設問5

    3歳の男児。先天性多発性関節拘縮症。つかまり立ちは可能だが歩行不能。理学療法で適切なのはどれか。すべて選べ。



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得