小児疾患4
全10問中1問~5問

          


  • 設問1

    3歳の男児。アテトーゼ型脳性麻痺。知的障害はない。運動発達年齢は9~10か月。非対称性緊張性頸反射、頸からの立ち直り反射、足底把握反射が残存している。運動療法で適切でないのはどれか。

  • 設問2

    アテトーゼ型脳性麻痺の理学療法で誤っているのはどれか。

  • 設問3

    14歳の女子。痙直型四肢麻痺によって座位保持ができず座位保持装置を使用している。最近側弯が増強したため外来を受診した。脊椎エックス線単純正面像(写真A)と骨盤エックス線単純正面像(写真B)とを下に示す。座位姿勢を改善させる方法で適切でないのはどれか。

  • 設問4

    脳性麻痺児の理学療法で誤っているのはどれか。

  • 設問5

    緊張性アテトーゼ型脳性麻痺児の促通すべき要素で適切でないのはどれか。



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得