義肢装具学15
全10問中1問~5問

          


  • 設問1

    62歳の男性。脳出血による左片麻痺。発症後2か月経過。ブルンストローム法ステージは上肢・下肢ともにⅢ。裸足での立位時に非常に強い内反尖足を呈する。適切な下肢装具はどれか。

  • 設問2

    65歳の男性。脳卒中による右片麻痺。発症後3か月経過。下肢のブルンストローム法ステージⅢ。多点杖で歩行訓練を行っているが、下腿三頭筋の痙縮が強く、内反尖足が顕著である。適切な装具はどれか。

  • 設問3

    膝装具の種類と適応との組合せで正しいのはどれか。

  • 設問4

    靴の補正と適応との組合せで正しいのはどれか。

  • 設問5

    脳卒中片麻痺患者に対する短下肢装具において、靴べら型装具に比べ背屈遊動・底屈制限の継手付装具が有利な点はどれか。2つ選べ。



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得