臨床運動学1
全10問中1問~5問

          


  • 設問1

    片脚立ちを保持するのに必要な股関節外転筋群の力(F)はどれか。ただし、外転筋群の力は下方向で、左下肢を除く身体部分の重さ(W)は50kgw、重心位置はG点であり、MとNの距離の比は3:1とする。

  • 設問2

    脳卒中による右片麻痺患者が左下肢を挙上してバランスを保持している状態を図に示す。体重が60kgのとき、麻痺側下肢への床反力で正しいのはどれか。

  • 設問3

    図の片脚支持における大腿骨骨頭にかかるおおよその力はどれか。ただし、体重は60kgとする。

  • 設問4

    体重60kgの人が図のように立位姿勢を保持したとき、体重計は24kgを示した。足圧中心は踵(B)から何cm前方にあるか。ただし、AB間は50cm、AC間は100cmとする。

  • 設問5

    背臥位で右下肢挙上位を保持している図を示す。各部の重量、重心位置、股関節軸心からの水平距離を示している。下肢の合成重心(A)から股関節軸心(B)までの距離を求めよ。ただし、小数点以下第3位を四捨五入する。



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得