理学療法評価学7 難問
全10問中1問~5問

          


該当するものをすべて選択する難問です
  • 設問1

    Danielsらの徒手筋力テストで筋力5の測定法として誤っているのはどれか。ただし、関節拘縮はないものとし、矢印は検査者の抑止方向を示す。

  • 設問2

    ダニエルスらの徒手筋力テスト(筋力5及び4)で、検査者の抵抗を与える誤っている位置はどれか。すべて選べ。(図の矢印は検査者の抵抗の方向を示す)。
    ">

  • 設問3

    ダニエルスらの徒手筋力テストにおいて段階1(Trace)の筋と触診部位との組合せで誤っているのはどれか。すべて選べ。

  • 設問4

    ダニエルスらの徒手筋力テストで3(良)の判定ができる肢位で誤っているのはどれか。すべて選べ。

  • 設問5

    Kendallの筋力テスト法を図に示す。肩関節内転筋力の十分強い被検査者が腹臥位で図のように左側上肢を保持する。検査者は矢印の方向に力を加えて抵抗できるかを調べる。検査している筋はどれか。



次のページへ

PTOTの強みを生かした新しい働き方

今だけ、遊びたい人の勉強法動画配信中!!

少しの投資で、一生ものの勉強法を獲得